ソフトバンクからLINEモバイルでスマホ料金を節約

ソフトバンクの新料金プラン「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」が9月6日にスタート。

2年更新のタイミングなどでソフトバンクからLINEモバイルやサブブランドなどの格安SIMへ乗り換えを考えている方は、旧料金プランですね。

ソフトバンクの旧料金プランからLINEモバイルに乗り換えたら、毎月のスマホ料金(通信費)が幾らくらい節約できるのかを計算してみました。

ソフトバンクはスマ放題ライト+ウェブ使用料+データ定額の合計金額。1年目割引、月月割、おうち割、オプション料金、端末購入代金は考慮していません。また金額は消費税を含みません。

 

ソフトバンクからLINEモバイルでスマホ節約生活

ひとりでモバイルデータ通信が1GBまでの場合

ソフトバンクのデータ定額は従量制料金のおてがるプラン、データ消費量が1GBまでは1,480円+スマ放題ライト+ウェブ使用料。

LINEモバイルはデータ容量が1GBのLINEフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ソフトバンク 1,700円+300円+1,480円=3,480円
・LINEモバイル 1,200円

毎月節約できる金額は…3,480円-1,200円=2,280円(税込2,462円)

 

おてがるプランはデータ通信量が1GBを超過すると自動的に2GBまでの料金(2,480円)になります。LINEモバイルのLINEフリープランはデータ通信量が1GBを超過するとLINEアプリのデータフリー対象を除いて通信速度が制限(200kbps)されます。

ひとりでモバイルデータ通信が3GBまでの場合

ソフトバンクのおてがるプランはデータ消費量が3GBまで3,480円+スマ放題ライト+ウェブ使用料。データ繰り越しなし。

LINEモバイルはデータ容量が3GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ソフトバンク 1,700円+300円+3,480円=5,480円
・LINEモバイル 1,690円

毎月節約できる金額は…5,480円-1,690円=3,790円(税込4,093円)

 

ソフトバンクのおてがるプランはデータ通信量が3GBを超過すると通信速度が制限(128kbps)されます。LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはデータ通信量が3GBを超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が制限(200kbps)されます。

ひとりでモバイルデータ通信が10GBの場合

ソフトバンクはデータ定額がウルトラギガモンスター(50GB)にスマ放題ライト+ウェブ使用料。データ繰り越しあり。

LINEモバイルはデータ容量が10GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ソフトバンク 1,700円+300円+7,000円=9,000円
・LINEモバイル10GB 3,220円

毎月節約できる金額は…9,000円-3,220円=5,780円(税込6,242円)

 

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランはデータ通信量が最大10GBプランまで。データ容量を超過するとLINEや主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が制限(200kbps)されます。

LINEモバイル公式サイト

 

二人でモバイルデータ通信が10GBの場合

ソフトバンクは家族データシェア10GBが9,500円+スマートデバイスシェア500円。スマ放題ライト+ウェブ使用料は2回線分。

LINEモバイルはデータ容量が10GB×2回線でコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・ソフトバンク (1,700円+300円)×2+9,500円+500円=14,000円
・LINEモバイル 10GB×2 3,220円×2=6,440円

毎月節約できる金額は…
ソフトバンク 14,000円-6,440円=7,560円(税込8,164円)

 

LINEモバイルではデータ容量をデータプレゼントで分け合えます。データ容量を超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が制限(200kbps)されます。

二人でモバイルデータ通信が20GBの場合

ソフトバンクは家族データシェア50GBが16,000円+スマートデバイスシェア500円。スマ放題ライト+ウェブ使用料は2回線分。

またはデータ定額がウルトラギガモンスター(50GB)7,000円+スマ放題ライト+ウェブ使用料がそれぞれ2回線分。みんな家族割が1,500円×2回線。

LINEモバイルはデータ容量が10GB×2回線でコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・データシェア (1,700円+300円)×2+16,000円+500円=20,500円
・ウルトラギガ (1,700円+300円+7,000円-1,500円)×2=15,000円
・LINEモバイル 10GB×2 3,220円×2=6,440円

毎月節約できる金額は…
データシェア 20,500円-6,440円=14,060円(税込15,184円)
ウルトラギガ 15,000円-6,440円=8,560円(税込9,244円)

LINEモバイルはデータ容量をデータプレゼントで分け合えます。データ容量を超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が制限(200kbps)されます。

3人でモバイルデータ通信が15GBの場合

ソフトバンクは家族データシェア15GBが12,500円+スマートデバイスシェア500円×2。スマ放題ライト+ウェブ使用料は3回線分。

またはデータ定額がウルトラギガモンスター(50GB)7,000円+スマ放題ライト+ウェブ使用料がそれぞれ3回線分。みんな家族割が1,800円×3。

LINEモバイルはデータ容量が5GB×3、または7GB+5GB+3GBのコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・データシェア (1,700円+300円)×3+12,500円+1,000円=19,500円
・ウルトラギガ (1,700円+300円+7,000円-1,800円)×3=21,600円
・LINEモバイル 5GB×3 2,220円×3=6,660円
・LINEモバイル 7GB+5GB+3GB 2,880円+2,220円+1,690円=6,790円

毎月節約できる金額は…19,500円-6,660円=12,840円(税込13,867円)

LINEモバイルはデータ容量5GBを3回線契約した方がお得です。容量はデータプレゼントで分け合えます。

3人でモバイルデータ通信が30GBの場合

ソフトバンクは家族データシェア50GBが16,000円+スマートデバイスシェア500円×2。スマ放題ライト+ウェブ使用料は3回線分。

またはデータ定額がウルトラギガモンスター(50GB)7,000円+スマ放題ライト+ウェブ使用料がそれぞれ3回線分。みんな家族割が1,800円×3回線。

LINEモバイルはデータ容量が10GB×3回線のコミュニケーションフリープランの音声通話SIM、データ繰り越しあり。

・データシェア (1,700円+300円)×3+16,000円+1,000円=23,000円
・ウルトラギガ (1,700円+300円+7,000円-1,800円)×3=21,600円
・LINEモバイル 10GB×3 3,220円×3=9,660円

毎月節約できる金額は…21,600円-9,660円=11,940円(税込12,895円)

LINEモバイルはデータ容量をデータプレゼントで分け合えます。データ容量を超過するとLINEと主なSNSのデータフリー対象を除いて通信速度が制限(200kbps)されます。

まとめ・ソフトバンクからLINEモバイルの節約効果

シンプルに毎月のスマホ料金を比較するため、オプションサービス料や割引、スマホの端末購入費用などを含めない月額料金で節約できる金額を計算しました。

LINEモバイル(ソフトバンク回線)のSIMカードに入れ替えるだけで、一人の場合は毎月3千円から6千円くらい、家族なら毎月8千円から1万3千円くらいの通信費が節約できるようになりますね。

但し、ソフトバンクのスマ放題ライトは5分以内通話し放題ですが、電話をする機会が多い方が、LINEモバイルで「10分電話かけ放題」オプションを申し込むと月額880円が別途必要です。

また、ソフトバンクではウルトラギガモンスターと家族データシェアのどちらも月額500円が別途必要だったテザリングがLINEモバイルでは無料で利用できます。

毎月のスマホ料金(通信費)は、物や形、想い出として何も残らないし、電気・ガス・水道のように消費してしまう支出です。年間で5万円とか10万円が節約が出来たら、その分のお金を貯蓄や別の事に回せますね。

LINEモバイル公式サイト