スマホ料金を安くするならLINEモバイルとサブブランドがおすすめ

このサイトは、

  • 毎月のスマホ料金を安くしたいと考えている
  • 格安SIMのデメリットが知りたい
  • 格安SIMを使っているけど通信速度に不満がある
  • LINEモバイルのソフトバンク回線に興味がある

そういった方の参考となるように、ただ単に費用を安く抑えられるだけの格安SIMよりも、

お昼や夕方、休日でも実効速度が落ちない格安SIMからソフトバンクの子会社でMVNOのLINEモバイルとソフトバンクのサブブランドのY!mobileワイモバイルについて記事にしています。

 

テレビで「ワイモバイル」や「UQモバイル」、「LINEモバイル」や「mineo(マイネオ)」などの格安SIMの会社のCMがよく流れていますね。

これだけ目にする機会が多いと、ドコモやau・ソフトバンクで毎月「高いなあ」と思いながらスマホ料金を支払っていると、ちょっと気になりませんか?

iPhone6s や iPhone7、XPERIA や AQUOS など今使っているスマートフォンをそのまま使いたい時は、違約金が発生しない2年契約が終わる更新のタイミングでMNPするのがおすすめです。

 

格安SIM選びは料金よりもデータ容量と通信速度

通信速度が速い格安SIMは3つ

NTTドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアからどの格安SIMに乗り換えても毎月のスマホ料金は安くなります。

格安SIMの料金体系は大きく2つのグループに分けられます。ワイモバイル・UQモバイル・楽天モバイルなどの通話無料サービス付きグループと通話定額がオプションのMVNOグループ。

ワイモバイルとUQモバイルはプランの分け方も金額も同じ。その他のMVNOではデータ容量が同じなら金額に大きな差はありません。

しかし毎月のスマホ料金が安くなるだけで満足できる方は良いですが、ほとんどの格安SIMは特定の時間帯で通信速度が著しく遅くなってしまいます。

結論から言えば、現在、ランチタイムや17時以降など特定の時間帯で下り速度が1Mbpsを大きく割り込んでしまう極端な速度低下のない格安SIMは、ワイモバイルUQモバイルLINEモバイル(ソフトバンク回線)の3つしかありません。

上記の3つ以外の格安SIMではドコモ回線もau回線もソフトバンク回線も、深夜と午前中を除いてYouTubeや動画サイトの視聴にはほぼ向きません。

 

格安SIMの最大のデメリットは通信速度の遅さ

自宅や職場にWi-Fi環境があって、モバイルデータ通信ではTwitterやインスタ・LINEで動画を観たりアップロードしないで、メッセージのやり取り、コメント、メールの送受信、検索や画像を観るだけならばどの格安SIMを選んでも大丈夫です。

しかしWi-Fi環境がなくて、一日中モバイルデータ通信を利用する場合は、スマホをよく使う時間帯がいつも低速だと、「こんな格安SIM 使い物にならない!」という気持ちしか湧いてきません。

もしデータ容量が20GBや30GBの大容量プランを契約しても、ほとんど動画を観ることが出来なければデータ容量が余って無駄になってしまいます。

格安SIMを契約する際は、初月の料金が無料なら一番データ容量が大きいプランを選んで、2ヶ月目から実際に消費するデータ容量のプランに変更すると自分に最適なデータ容量が選べるようになります。

しかし2018年8月時点で、ワイモバイルとUQモバイル、LINEモバイルのソフトバンク回線は、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアと同等の通信速度で利用できデメリットを感じません。